FC2ブログ

2011'05.14 (Sat)

「人の行える救い」についてのお伝え

富士より飛び立つ不死(富士)鳥

ひふみともこ先生に下ろされたお伝え、「人の行える救いについて」神誥記より。

*******

(人の行える救いについて)

人の行う救いとは、一つは神との縁結ぶこと。
一つは神のことばを伝えて、神の心に高めゆくこと。

神のことばを伝えるためには、神のことばをよく知りて、己の感情思考を交えず、
ただそのままに伝えることなり。

なれば神のことばを知らば、人の心は浄化され、要らぬ疑問や困惑を、
きれいに落として、高まりゆくなり。

なれば日々にも霊行を、少しの時にて構わぬ故に、ただに行い、心澄ませよ。

人を救うの霊行は、己の力に恃む(たのむ)になく、ただに神の御心に、
任せて委ねて、待てばよし。

人を救う最も易しく、誰にもできる人の救いは、神の心を伝えることのみ。

人間心の同情憐情(れんじょう)、我を出す元なり、始めなり。
人を救うは、その者の、苦痛を和らげ癒すにあらず。

この世の苦しみ悲しみは、神の恵みの一つにあれば、人間心の憐憫(れんびん)で、
救うに見えども、かえりて邪魔なり。

神の心は一人一人の 魂浄めて高めるためなり。

なれば神の御心汲みて、神の存在、み光を、示し教える、そが救い。
そのとき人は真の救いを、真の感謝を取り戻すらん。

神とのご縁を深く結びて、離れず逃げず、ただに素直に、神の心のままに働く。
苦痛を和らげ悩みを解くは、神の心に任すべし。

なれば人のなすべき救いは、一(いつ)に神の存在を、伝え目覚ます、それのみでよし。

人間心の無駄な頑張り、自分が直して救わんと、さなる偽善は慎むべけれ。
人の心の安らぎは、神の存在近くに感じ、守らることを信じるときなり。

人の全てにおわする神を、内なる心の奥底の、眠れる神を起こしてゆけよ。
光を与えて気付きし瞬間、神の存在、目覚めは始まる。

全ての目覚めを、つながりを、一つのほころびなきまでに、つなげて広げよ。
結びて回せよ。

動きの止まりし独楽(こま)ならば、倒れて転び、働き終わる。
なれば人との神縁は、止まらず、回り、巡りて動く。

一つの見えぬ神縁を、早くに気付かせ、結びてゆけよ。なれば神との縁は強まり、
立て替え直しも進みゆかん。

さにて本日、神との縁と、人の救いのことを説きたり。
さらにも問いて、深めてゆけよ。神のことばを、心を、意図を。

さにて、終わる。


******* 以上です。


上位版blog 更新しました。

■原子力から言詞力へ
■ウエサクの満月
■神と人をつなぐ3.5.7と3,6,9とは
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
そして、訪れて頂いたみなさんに、銀河の中心より愛と光が届きますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking blogram投票ボタン PINGOO!メンタルヘルスランキング ブログランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
関連記事

テーマ : 神から人へ - ジャンル : 心と身体

タグ : ひふみともこ 神から人へ

22:19  |  神から人へ・神誥記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/721-ce2211f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |