2011'06.30 (Thu)

夏越の祓(なごしのはらえ)

大祓茅の輪

金星の大きなイベントがある30日。たまたまか因果か、大祓(おおはらえ)です。

大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(みそか)に行われる除災行事であり、
犯した罪や穢れを除き去るための祓えの神事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしの
はらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。

6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼ばれています。

知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事。

というか、ほとんど穢れです。笑

ついつい俗世の習いに流されて、日々を過ごしてしまいがちですから、半旗に一度、
このタイミングで、自己の心や行いを見つめ振り返り、新たな気持ちに切り替える
のも良いでしょう。

平安時代初期の『延喜式(えんぎしき)』にも、六月と十二月の大祓が記されており、
日本ではかなり古くから行われていたことがわかります。

歴史のある神事ですね。

大祓には「人形(ひとがた)」に、名前と生年月日を書き、その人形で身体の各部を
撫でて息を3回吹きかけます。そうすることにより、自分の罪穢を人形に移し、自分
自身の代わりに清めます。

茅の輪くぐりが行われることから、茅の輪神事などとも言われます。

この茅の輪は、母親の胎内からこの世界に生まれてくる出口の意味があり、「胎内
くぐり」などとも呼ばれます。

母親のおなかからこの世界に生まれてくる時は、なんの穢れも知らずに生まれてくる
ことに由来し、茅の輪をくぐることで、胎内に戻り再び生まれ変わり、穢れを落そう
という、祓の神事なのです。


大祓翌日の7月1日の新月は、南極近辺の海洋上で部分日食です。
宇宙のイベントはいよいよ最終段階に入って来ます。


★上位版blog更新しました。

【緊急メッセージ】

■上高地の土石流の意味と夏至のポータル
■東京大空襲と鶴岡八幡宮
■いまわかった大震災と夏至の関連性
■アセンションプロセス
■なんとなく注意日
■誰も書かなかった6月の金星食の特別な秘密
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

01:51  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/743-e0cd7eee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |