FC2ブログ

2012'04.29 (Sun)

太陽が呼んでいる

てんごく。さんのエターナルワールド、間もなく更新します。

主な内容

■太陽極磁場のありえない変化、太陽は壊れ始めた
■(神=火+水)神力は、火と水とどちらが強いのかは

■金環日食の前後1週間、特別スピリチュアルな事情
■「ごーにーにーゆーらゆら」は本当か

■5月、6月、7月の朔弦望(月の満ち引き)
■5月の太陽系 恒星・惑星直列

■3か月前の太陽、水星、天王星の直列の気付き
■ウエサク満月と同時に起こる太陽系のクロス
■金環日食と同時に起こる鋭角の太陽系クロス


★上位版blog

エターナルワールドは5月1日、最新版公開の予定です。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド 


__.jpg


ここのところ雨が多く、なかなか太陽の姿を見ることはできませんでしたが、
久しぶりに夕暮れの太陽を見ました。


こうして普通に太陽を見ることができることさえも、本当はすごく貴重な
ことであることを、私たちは普段から感じ取ってかなければなりません。


あと3週間後には、地球から遠く離れた月が新月になるのと同時に
その軌道を太陽と重なりあわせ、金環日食となります。


この太陽は昨日の太陽ですが、車を南に走らせると、西に大きく輝く太陽が
まるで車と並んで走ってくるかのように、ついてきたのを、車の窓から
走りながらiPhoneで流し撮りしたものです。


本当は、この写真の3倍程大きかったのではないか、というくらい
存在感のある太陽を見たのは、久しぶりのことでした。


夕暮れ時の太陽の存在感は、日の出の朝日と並んで、もっとも
その存在感を発揮します。


いよいよ、4月30日には金星が最大光度となり、その光を増して放ち
2012年のイベントの最も大きなスパイラルタイムへと突入して行きます。


さて、この5月、金環日食と6月6日のヴィーナストランジットを前に
私は動くのか?


正直なところ、4月にはまだこの答えは出ませんので、5月に入ったら
場が整うかどうかで決まってくるでしょう。


太陽の科学 磁場から宇宙の謎に迫る


太陽と地球のふしぎな関係


移り気な太陽 太陽活動と地球環境との関わり



★上位版blog

エターナルワールドは5月1日、最新版公開の予定です。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド 



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ始めました。配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの
更新情報や、その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

携帯アドレスでも登録は可能ですが、深夜の配信になる場合もありますので、
ご注意ください。

※睡眠中に脳に電磁波を浴びることは、人体にとってよくありませんので、
 お休みの際は、携帯電話の電源を切りましょう。^^

正しく登録できると、1分以内に返信メールが届きます。

メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどに入っている可能性も
ありますので 「迷惑メールではない」 設定にしてくださいね。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : エターナルワールド てんごく。さん 金環日食 ヴィーナストランジット

23:24  |  徒然日記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/878-c35ea6af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●まとめteみた.【太陽が呼んでいる】

てんごく。さんのエターナルワールド、間もなく公開!主な内容は■金環日食の前後1週間、特別スピリチューにーゆーらゆら」は本当か■太陽極磁場のありえない変化、太陽は壊れ始めた■(神=火+水)神力は、火と水とどちらが強いのか■5月、6月、7月の朔弦望(月の満ち引...
2012/04/29(日) 23:37:27 | まとめwoネタ速suru

▲TOP

 | HOME |