FC2ブログ

2012'06.08 (Fri)

諭鶴羽の住吉神社と直角に伸びる杉

IMG_0769.jpg

淡路島、洲本から南に海沿いを車で南下します。

すると、日本の中心、世界の中心である、沼島(ぬしま)が見えてきます。

沼島を見ながら、灘、というところから、車もすれ違うことができないような
細い山道を延々と登ります。

この近くには、「油谷」と書いて「ユダニ」と読む地域があります。

約3000年前、ユダヤ人が初めて淡路島に上陸した場所です。

IMG_0786.jpg

山路を少し上がると、小さな鳥居がありました。

その昔、ユダヤから安住の地を求めてやってきたユダヤ人が登ったであろう
諭鶴羽山(ゆづるはやま)。

かつて、この地を訪れたことのある魂は、その奥の記憶を呼び醒まします。


日本とユダヤ運命の遺伝子



IMG_0784.jpg

この神社は、住吉神社。海を守り、海上交通の安全をつかさどる神社です。

遠い場所からやってきたユダヤの人々は、ともに祖国を離れた同志の安全と
この地に続いてくる人々の航海の安全を祈りました。

この住吉神社は、諭鶴羽神社から真南にあります。

そして、その真南には沼島。どうやら偶然ではなさそうです。

IMG_0777.jpg

伽藍の彫刻は、象なのか、獅子なのか、不思議な彫刻がありました。

ちょっと日本的ではないです。

IMG_0780.jpg

この神社で、一番驚いたのは、直角に曲がって伸びる杉でした。

どのようにしたら、枝が90度横に向かって生え、また90度向きを変えて
直角を作り、上に向かって伸びています。

2012-06-08_003635.jpg

拡大をしてみると、まさに直角。本当に不思議な杉の木でした。

ままだまだ、この先、ここまでの道のりの10倍、山頂に向かって
行かなければなりません。

住吉さんでこの先の無事と、世界平和、安泰を祈願して、いよいよ
元熊野、諭鶴羽神社に参ります。



封印された古代日本のユダヤ



★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」

更新しました。


【皇室の動きの意味と金星の太陽面通過、ユダヤ遺跡公開(後編)】

金環日食を終え、次は部分月食と金星の太陽面通過ですね。
今回は、重要なポイントがありますので、ぜひご確認ください。

■6月、7月、8月の朔弦望
■6月4日の部分月食を物質的にみる
■6月4日の部分月食を精神的にみる

■6月の太陽系惑星直列
■2012年6月6日のヴィーナストランジット

■太陽系惑星配列からひも解く、天皇家の動きの意味するもの

■内部写真公開:これが3000年前の古代ユダヤ遺跡だ(後編)
■遺跡内部から現れたシンボルマーク
■古代ユダヤ遺跡の意味するもの


こちらからどうぞ。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド 



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの
更新情報や、その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレスを
間違えている可能性があります。

ご確認お願いします。



神話の世界をめぐる古事記・日本書紀探訪ガイド



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 住吉神社 沼島 諭鶴羽神社 諭鶴羽山

01:23  |  淡路島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/893-500b41cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |