FC2ブログ

2012'06.24 (Sun)

いざ、聖地 高熊山へ

IMG_1202.jpg

王仁三郎氏の生家 瑞泉苑あたりから見た高熊山。

地図上には、高熊山はありません。

王仁三郎氏は、27歳の時、小幡神社の神さまから、高熊山に登るよう
神託を受けます。

そして明治31年、旧暦2月9日より1週間、飲まず食わずで霊界を
旅することになります。

IMG_1214_20120624134651.jpg

春だというのに、なぜかここひと株だけ、ススキが。

それもぐるりと先っぽが渦を巻くようなススキ。

本当に、この道でよかったのか、一抹の不安を胸に、高熊山を目指します。

IMG_1222.jpg

すると、「高熊山登山口」とありました。

おーー、良かったです。間違ってない(笑)。


霊界物語には *****

高熊山は、上古は高御座山(たかみくらやま)と称し、のちに高座(たかくら)といひ、
ついで高倉(たかくら)と書し、つひに転訛して高熊山となったのである。

丹波穴太(たんばあなお)の山奥にある高台で、上古には開花天皇を祭りたる
延喜式内(えんぎしきない)小幡神社の在つた所である。

*****

とあります。

つまり、小幡神社は高熊山で、高熊山は小幡神社なのです。


ところどころ、美しいつつじの花を見ながら、一路、岩窟を目指します。

IMG_1293.jpg

三つ葉つつじは、瑞の御霊(みずのみたま)と霊界物語にはあります。



20分くらい歩いたでしょうか。

やっと山頂にたどり着きました。

IMG_1236.jpg

これが通称:ガマ岩

この岩の下で、王仁三郎氏は修行したとあります。

IMG_1280.jpg

ガマ岩の下には、亀岡の町を見下ろせる、坐禅にちょうどいい岩がありました。

たぶん、王仁三郎氏も、この岩に座って修行したのでしょう。

IMG_1300.jpg

そして、こちらが、有名な岩窟です。

大本事件の折、この場所も破壊の対象になり、修行した当時とはだいぶ様子が
変わってしまっているようですが、当時の面影は今も残ります。

IMG_1296.jpg

高熊山


祭神:大本皇大御神(おほもとすめおほみかみ)

   瑞之御霊大神(みずのみたまおほかみ)



称へ方:おほもとすめおほみかみ 守(まも)りたまへ幸(さき)はへたまへ

    みずのみたまのおほかみ 守(まも)りたまへ幸(さき)はへたまへ

    惟神(かんながら)たまちはへませ
 



大本の出口王仁三郎氏が、ここで修業した、という風に見られがちですが
正確には、27歳の青年 上田喜三郎氏がここで修業をし、霊眼を身につけ
その後、出口なを と会い、出口王仁三郎という名前になっていくのです。


霊界物語



★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」
 ↓↓↓
 てんごく。さんのエターナルワールド 


■6月19日の台風の意味するのもは
■6月19日ってどういう日?
■宮島に現れた白龍はどうなった?(写真で見る白龍の動き)



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレスを間違えている
可能性がありますので、今一度ご確認お願いします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 高熊山 霊界物語 出口王仁三郎

14:46  |  高熊山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/901-57a56f05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |