FC2ブログ

2012'07.23 (Mon)

仙酔島が結んだご縁の直会(なおらい)

IMG_2390_20120723223232.jpg

当初の予定では19:00だったんですが、予定より早く島に着いたのが
16時10分。

簡単にチェックインの説明を受けて18:30に食事の会場へ。


食事の会場は、ホテルを出て、海岸を少し歩いた浜辺にあります。

そこでは、とれとれのお魚などの海の幸を網で焼いて頂きます。

ちなみにこの日は、サザエ、ホタテ、キス、などを焼いて。
お野菜は赤ピーマンや、エリンギ。

白身のお魚のお造りもボリューム満点。

浜上げされたばかりの小鰯(こいわし)だったか、生シラスみたいな
お魚も、おつまみに追加。

どれをとっても新鮮なので、おいしいです。


あえて言うなら、一人ぼっちのテーブルで、夕暮れの浜辺を見ながら
お食事を頂いているので、ちょっぴり寂しげ?


と思っていたら、同じく18:30の予約時間だった団体さんが
食事会場に現れました。

なんと、その団体こそが、中山康直さんたちの集団。


この日に、仙酔島のツアーが組まれていたなんて全く知らなかったんですが、
たまたまこの日は

宇宙的ミッション!!中山康直さんと行く
仙酔島 超意識覚醒パワースポットツアー!


こんなツアーが催されており、ここ仙酔島でばったり川島伸介さん、
中山康直さんたちと一緒になったのでした。

ご縁があれば会えるし、ご縁がなければ会えない。

なすがまま、あるがまま。

沼名前神社の神事が早く終わって、早く島につき、
たまたま変わった食事の時間で出会う不思議なご縁。

しばしゆるりと、時が過ぎゆきます。

2012-07-23_220439.jpg

と思っていたら、なにやら和太鼓が運び込まれて来て、
お店のスタッフによる和太鼓と黒獅子の舞が始まります。

最初に黒獅子が、私の頭をパクッ!

その後、太鼓の(太古の)響きと黒獅子の舞によって
場がひとつになって行きます。

沼名前神社の神事の後、船に乗って、島へ渡り、お酒と太鼓と
黒獅子の神楽舞。

2012-07-23_220620.jpg

この場こそが、鞆の浦(とものうら)と仙酔島をつなぐ
直会(なおらい)の場であることを知らされます。


神社だけではなく、仙酔島も、鞆の浦も、大きな神域の一部。

この海は禊(みそぎ)にて根の国、底の国へとつながる場所。


すべてひっくるめて、本来ひとつの神社で行われるような神事の流れが、
この地域全体で作り上げられています。

直会とは、ご縁の拡がる場所。

せっかくなので、ちょっとお座敷までご挨拶に。笑

そのご、提灯行燈(ちょうちんあんどん)を渡され、暗闇の小道を抜け
宿に帰ります。風流です。

IMG_2591_20120723224129.jpg

中山康直さんに、後で部屋に集まるので良かったら来ればいいですよ、と
お声がけ頂いたので、ツアー参加者の皆さんばかりで恐縮だったのですが、
飛び入りでお部屋にお邪魔しました。

私が翌日、宮島弥山(みせん)に登ることを告げると、僕らは宮島には
行けないので、弥山とつないでほしいと。

OKです!


部屋にお邪魔して、自己紹介タイム。


「てんごく。です。」


「え?てんごく。さんって、あのてんごく。さん??」


「は、はい。」


「えーーっ!」


このてんごく。blogの読者さんや、マイミクさんなども複数いらっしゃって
一人旅の仙酔島で、まさかのご対面。

面が割れてしまいました。笑


「あら、意外とお若いのね。」


などの反応もあって、ちょっと複雑。笑

何歳だと思われていたのか、ちょっと気がかりですが。。。^^;


でも、こうして稀有なつながりの中でご縁が広がって行く不思議。

長くやっていればいいこともありますね。

続けるということも、修行のひとつです。


仙酔島でお話しさせて頂いた皆さん、ありがとうございました。

お会いできて、嬉しかったです。


そして今日もこうしてお読みいただける読者の皆さんのおかげで、
今日も書き続けることができています。

本当にありがとうございます。



ちょうど今月で、blogを始めてはや5年です。


よーし、5周年記念会、やりますか。☆>w(^0^)w<☆

詳しくは、メルマガで、なんてね。笑



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度正しいアドレスを入力お願いします。




★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」更新しました。
 
【日本とユダヤの神仕組み裏から表へ、淡路の秘密】

7月2回目の更新になります。

7月17日、秋篠宮さまが鞆の浦(とものうら)を訪れました。
やはり、祇園とシオン、ノアの方舟が着陸したこの日。

■日本とユダヤの神仕組み、裏から表へ
■富士と鳴門の仕組み、ふたつの意味

■なぜユダヤ人は沼島を目指したか
■伊弉諾神宮に残るユダヤの言霊
  ↓↓↓
 てんごく。さんのエターナルワールドはここから 



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 中山康直 仙酔島

22:50  |  仙酔島・ 鞆の浦  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/919-ad228b40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |