FC2ブログ

2012'08.13 (Mon)

仙酔島から宮島、弥山と弥山をつなぐ

IMG_2573_20120813215034.jpg

なんとなく雨模様の中、再び、平成いろは丸に乗って、仙酔島を後にします。

「またいつの日にか、やって来るぜよ。」

福山から新幹線に乗って、広島へ。

途中だんだん雨が強くなって土砂降り、新幹線の窓から外がまったく見えません。

ところが三原を抜けると急に空が晴れ、広島に着いた頃には、あの雨がまるで
ウソのように、晴れ上がっています。

IMG_2828.jpg

いつも、宮島に行く時には、天気は晴れ、しかし必ず雲が出て神秘的な
風景を見せてくれます。

宮島口から遊覧船で宮島へ。

ちょうどこの時間は引き潮で、大鳥居の下は観光客でにぎわっていました。
 
IMG_2840.jpg

再び、観音様の寝姿を拝みながら、島へ向かいます。

右端が、首にあたります。左に行くに従い、口、鼻、大きなくぼみが眼です。

この寝姿を見て、鳥肌が立つ人、ふーん、という人、様々だと思います。

何か感じる方は、ぜひこの山頂を訪れてみましょう。

ここは、プレアデスとの通信ができる、数少ない場所です。

ただ、受け手の準備が整わないと、繋がることもないでしょう。

ちょうど額の場所が弥山の山頂です。

IMG_2824_20120813215034.jpg

本当に不思議なことに、土石流が自然にできて、観音様のお顔に、眼が
開眼しています。

これを神仕組みと言わずになんというのでしょう。

この島は、かつて空海が開山する前より、神の島として崇められていました。

空海は、この場所を霊山として、開山しました。
その時の霊火が、1200年たった今も、消えずに灯されています。

IMG_2857.jpg

神の遣い、鹿ちゃんにご挨拶。さて行きますヨ。

この日、早朝、仙酔島の大弥山に登頂、移動して宮島の弥山に登頂。

一日でふたつの弥山に登ることになります。

実は早朝の大弥山で、急いで山を下りたので、ちょっと足の調子が
悪くなっていたのですが、ここまで来たら、登ります。


私にとってこの島は、厳島神社が目的地ではなく、弥山が目的地なのです。


その前に、せっかく引き潮なので、大鳥居の日月の秘密に迫ってみましょう。





★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」更新しました。

「究極の太陽系配置! 仙酔島の謎を解く、五色の秘密とは」


■8月、9月、10月の朔弦望(月の動き)
■8月の太陽系惑星直列(鋭角グランドクロス図解)

■この8月は最重要注意期間
■仙酔島という場所の秘密

■仙酔島とユダヤのつながり
■仙酔島、夢で伝えられた秘密とは

■皇族、京都移住計画?
■五色岩・五色の謎

■衝撃的な五色人誕生の秘密
■童話に隠された五色人の秘密

■ブログ開設5周年 てんごく。お話会

などなど。
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはここから




★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度正しいアドレスを入力お願いします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

関連記事

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 厳島神社 宮島 仙酔島 弥山 プレアデス

22:32  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/927-d2a71170

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |