FC2ブログ

2012'08.18 (Sat)

大元宮参り(大元神社)

IMG_3028.jpg

何はともあれ、宮島に行ったら、弥山に登る前に必ず訪れたいのが
大元神社(おおもとじんじゃ)です。

厳島神社を通り越し、宮島水族館を通り越すと、すぐ左側に見えてきます。

IMG_2995.jpg

厳島神社よりも古くからあると言われる大元神社の祭神は
国常立尊(くにとこたちのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)、
保食神(うけもちのかみ)。

国常立尊さまがいらっしゃるということからして、素通りができない
神社です。

IMG_3011.jpg

この神社は毎年5月15日に船で島を一周し、浦々にある9社を参拝する
「御島巡式」の最終地で、御島巡式を無事成就したお礼に奉納された
報賽額(ほうさいがく)が多数掲げられています。

IMG_3013.jpg

拝殿の中に、お馬さんがいるのも、独特ですね。

   IMG_3026.jpg

大元神社の本殿の裏手にある大樅(もみ)はとてもエネルギーが高いです。

この木こそが、神の宿る「ひもろぎ」です。

大山祇神は山の神なのでやはりここを参拝してから弥山に上がるのが
正式なルートになりますね。

ではいよいよ、弥山に登りましょう。


※「ひもろぎ」(古代には「ひもろき」)の語源は、「ひ」は神霊、
 「もろ」は天下るの意の「あもる」の転、「き」は木の意とされ、
  神霊が天下る木、神の依り代となる木の意味となる。 Wikipediaより。


プレアデス星訪問記



★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」

「究極の太陽系配置! 仙酔島の謎を解く、五色の秘密とは」


■8月、9月、10月の朔弦望(月の動き)
■8月の太陽系惑星直列(鋭角グランドクロス図解)

■この8月は最重要注意期間
■仙酔島という場所の秘密

■仙酔島とユダヤのつながり
■仙酔島、夢で伝えられた秘密とは

■皇族、京都移住計画?
■五色岩・五色の謎

■衝撃的な五色人誕生の秘密
■童話に隠された五色人の秘密

■ブログ開設5周年 てんごく。お話会

こちらまでアクセスしてみてください。
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはここから



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度正しいアドレスを入力お願いします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 大元神社

02:01  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/929-8a03484d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |