FC2ブログ

2012'09.26 (Wed)

宇宙次元への通り道 巨大ドルメン・続石(つづきいし)

IMG_4503.jpg

本日は、スピリチュアルワールド、エターナルワールドのダブル更新
になっています。

花巻から車を飛ばして一時間ほど東に行くと、河童伝説でおなじみの
遠野市があります。

遠野はホップの生産も盛んで、ビールの原料なども生産していますね。

ここに、続石(つづきいし)というドルメンがあります。

ドルメンとは、岩の上に岩を載せてまるで鳥居のようにした
古代文明の祭祀用巨石造作物です。


続石。

いったいどこへ続くのか。

いったい誰が作ったのか。

IMG_4441.jpg

続石の山に入る入り口の鳥居をくぐって数百m行くと、
弁慶の昼寝場という小さな広場があります。

今では森の木立の中にあり、かなり薄暗くなっており、
昼寝には最適のようですが、ここはかなり蚊が多いです。笑
 
IMG_4443.jpg

ここから少し上に上がると、泣石と言う石があり、最初、弁慶が
あの大きな笠石をこの石の上に載せたところ

石が
  
「私は位の高い石なのに、なぜこのような石の下敷きに
 ならなければならないんだ?」

と泣いたとのことで、泣石と名付けられたと言われています。

この石は、後ろに回ると、涙を流したような跡があります。

この石も、高さ3~4mはあるでしょうか。

IMG_4478.jpg

そのすぐ近くに、続石。

驚異的なドルメン。

長さ7m、幅5mの巨岩を誰がこのように積み上げたのか。

IMG_4451.jpg

この大きさ、尋常じゃないです。^^;

遠野の伝説によると、この石を積み上げたのは武蔵坊弁慶とのこと。

あくまでも「伝説」です。^^


遠野物語新版 [ 柳田国男 ]


IMG_4457.jpg

弁慶といえば、怪力。あの源義経の用心棒です。

そういえば、中尊寺にも弁慶堂がありましたね。

弁慶は、源義経を守り、この奥州に義経と一緒に落ち延びてきました。

ただ、遠野まで来たかどうかは、わかりませんが。

弁慶の力もさることながら、驚くのは、この石のドルメンが
微妙なバランスの上に成り立っているということです。

IMG_4459.jpg

一見、笠石は2つの石の上に載せられているように見えますが、
実際は、ひとつの石の上にしか載っていません。

つまりひとつの石には接触してないんです。

まるで空中に浮いているようです。


この間の空間は、大人でも楽々通ることができます。


どうみても、ひとつの石の上に載るような重量バランスではありません。

ミステリアスーーー。

おまけに、宮沢賢治生誕の2ヶ月前に起こった明治三陸地震。

マグニチュード8,2

2011年 東日本大震災、マグニチュード9,0

IMG_4473.jpg

他にも数多くの地震の揺れがあったことでしょうが
あれほどの大きな揺れがあったにもかかわらず、

このありえない絶妙なバランスの状態で載ったまま、
落ちていません。

こんなことがあるのでしょうか。

まさにこの続石は、地球の物理学の思考の範囲を超えています。


地球から次元を超えて宇宙の次元に続く。

そんな続石なのかもしれません。

私が今まで見た、どの磐座(いわくら)よりも、この続石は
あらゆる意味ですごいです。

この石のドルメンを作ったのは、実は、弁慶ではありませんでした。

この石を積み上げてドルメンを作った○○が、自分たちの存在を
示すため、その軌跡をこの石に残しています。

重力コントロールの謎。


圧巻の、その証拠はこちらに。
  ↓
■続石を驚異のパワーで軽々と積み上げた人たち、石に遺された軌跡とは。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド

 

★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度正しいアドレスを入力お願いします。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


水木しげるの遠野物語 [ 水木しげる ]


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 続石 遠野物語 水木しげる

22:57  |  岩手 ・花巻  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/946-73ebc6cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |