FC2ブログ

2013'01.02 (Wed)

新春★尾張始まり、草薙の剣のあった場所へ

電子書籍(E-BOOK)を無料プレゼントしています。
下記からアクセスしてお早めに手に入れてください。




220ページ書き下ろし

【先着300名様限定無料プレゼント】

ダウンロードはこちらから


ご登録頂きましたメールアドレスに、すぐに返信メールが届きます。
アドレスの入力間違いによるエラーが多くなっています。お間違えのないように。



てんごく。です。 

2013年、明けましておめでとうございます。

♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

清々しい新年のひと時、いかがお過ごしでしょうか。



2013年、いよいよ迎えた光の年。

今年は光の時代への転換とともに、

大きな立て分けの年になります。



私たち人間ひとりひとり、それぞれが次につながる

生き方を選択して行く年になります。

生き方の指針と、ゴールをしっかりと定めて

進んで行きましょう。



特に、昨年末からお伝えしている「思考」について

しっかりと見直しをしていくことがとても重要になります。


そして、「選択」です。

人生のすべては選択によって、作られていきます。

2013年は特に、目の前の選択を注意深く見ておきましょう。

何気なく自分が選ぶ人生の選択について

注意深く選んで行くのです。



オワリハジマリ(終わり始まり)の2013年、

私の選択は「尾張始まり」で、愛知尾張に入っています。



この地は、その昔、時代を変えた織田信長や豊臣秀吉を

輩出した土地でもあり、その昔は、尾張族が治めていました。



尾張族のミヤズヒメの館址を訪れ、久しぶりに

ミヤズヒメにご挨拶に行きます。



ミヤズヒメは、ヤマトタケル(ノミコト)の妻。



この館址は、ヤマトタケルが、最後に草薙の剣を

置いていった場所でもあり、残された剣を、後に

ミヤズヒメが熱田神宮に奉納したことから

熱田神宮ができ、ここは熱田の元宮と呼ばれています。

熱田神宮のご神体は、草薙の剣です。



この場所には、今も、光の柱が立ち神が降りる、

神聖な場所として、その空間が整備され、

自然な形で保たれています。



この地域の結界と、ここのご神気はすばらしいです。

久しぶりに光を受けてきます。



混沌とした闇の時代は終わりを告げ、

新しい光の時代の幕開けを告げる「オワリハジマリ」の時。



私の選択は「尾張始まり」です。

また改めてレポートしますね。^^



******



上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」

1月1日、更新しました。2013年1回目の更新は、


■2013年1月、2月、3月の朔弦望(月の動き)

■2013年1月の太陽系惑星直列と宇宙のイベント

■「月より明るい大彗星」がやって来る

■アセンションは起こったのか

■2012年からの転換、2013年はこうなる

■2013年の生きる指針と、知っておかなければならないこと



です。エターナルワールドは会員限定ブログになります。

興味のある方は、こちらからどうぞ。

http://mron.biz/s/100/

ご自身の人生を変えたいと本気で思う方のみ、

内容をしっかりとご覧ください。




今日もこうして読んで頂ける方がいるので

頑張って書くことができています。
 


メルマガやブログの内容について

お聞きになりたいこと

また、ご要望やお気づきの点など

応募フォームからいただければ、

そのまま「てんごく。」に届きます。



メールが来たら飛び上がって喜びます。 

ご感想、ご意見、大歓迎!!!

o(・∇・o)(o^∇^)o !!



今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございます。 <(_ _*)>


2013年も引き続き、よろしくお願いいたします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事
12:33  |  メルマガアーカイブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/969-1542c54f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |