2008'07.29 (Tue)

浄化?それとも高山病?

無事登頂に成功したものの、疲れは限界に達していました。様々な大自然の感動を胸に
17時には山小屋に入り、17時30分には夕食(カレーライス)を。

隣の山男達の会話では、「これから雲が濃くなるから、明日はご来光無理かもしれんな。」

Image180.jpg        Image084_20080728233117.jpg

え~、まじ~?

食べ終わったら、居場所ないから、みんなお布団に。もう寝てる人いる。(-_-)zzz
そしてなんと19時には全館消灯(早っ!)

実は、自覚症状はなかったものの、たぶん高山病に冒されていたらしいんです。

夕食のカレーをいただいた後、すぐ布団に入って横になったら、なんと吐き気が
(お下劣ですみません)。それもかなり強烈。

結局、周りの人にも迷惑をかけてしまうので、山小屋の人を呼んで布団の位置も
変えてもらい、すぐトイレに駆け込めるところに。
(山小屋でひとりに与えられるスペースは、横80cm×縦2mくらい。つまり寝るための
 最小スペースで詰め詰めびっしり。 つまりトイレに立つだけでも人の足を踏んだり
 してしまう狭さなのです。)

結局、消灯後も横になることは出来ず、暗闇の中、懐中電灯でトイレに駆け込み
全部モドシテしまいました(消灯後は、トイレの電気もまったくつかないのです)。

山小屋の人が言うには「もうできるだけ早く下山するしかない」とのこと。

うぇ~ん。
だってまだ、剣ケ峰も行ってないし、ご来光は明日の朝ですよ~。
まして夜道をひとりで下山なんて、怖すぎます~。

「高山病ではない。下山なんてありえない。これは浄化だ。すぐに良くなる。」と
自らの心に刷り込むように、勝手に思い込み。

ということで、知らんぷりして(笑)、そのまま朝を迎えました。

と言っても、遅くても4時には起こされ、ご来光は4時30分過ぎ。
早い人は3時半頃から、ごそごそ準備開始。

Image178_20080728233211.jpg        Image181.jpg

朝ご飯を食べたらきっとダメだと思ったので、時間を待って朝食抜きで外に出ます。
山小屋の前の駒ヶ岳は既に、ご来光を見るため深夜に登って来た「夜登山組」の
人たちでいっぱい(写真は昼の駒ケ岳)。

暗い~、寒い~、突風~、人の山~。

あ~出遅れました~!

ホッカイロふたつポッケに入れて、いざ駒ヶ岳へ。
さて、暗闇がすこしずつ明るくなってきました。

ドライアイスのような霧雲が風に流されて行きます。果たしてご来光は見えるのか?
体調がどうとか言ってられないぞ~(気合)。

Image183.jpg

緊張の一瞬が、富士の風を凍らせます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓今日のランキングはこちらです。たまには覗いて見てくださいね。^o^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング
いつもありがとうございます。 m(_ _)m
00:50  |  2008富士単独登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'07.26 (Sat)

登頂成功、山頂のおおいなる光

満月の後、早朝、自宅を出てからあっという間に12時間近くが過ぎました。
そして今、念願の富士山頂制覇は目前。よく上がってきたな~。笑

Image177.jpg

たった1日、今日だけのことなのに、とても多くの想いと時間が凝縮されているようで、
なんだか走馬灯のように今日の想いが蘇ります。おおげさだな~。笑

九合五勺の心臓破りの登山道を上がり、最後の鳥居をくぐります。

Image165.jpg        Image168.jpg

やった~。頂上です。
思った以上に体力の消耗は激しく、今日はもう剣ヶ峰には行けません。

でも富士に来たからには、その最高峰3776m剣ヶ峰に上がらずして富士制覇したとは
言えません。体調を整えて、明日早朝、行く事にします。

まずは、全国1300社あまりの浅間神社の総本山、富士山本宮浅間大社奥宮へ参拝。
ご祭神の「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」に登頂成功を感謝。 

Image166.jpg        Image170.jpg

奥宮を出て、大内院(だいないいん)と呼ばれる山頂噴火口のほとりで剣ヶ峰の方向を見ると、
優しく青い一筋の光が降り注いできました。その上には、またも龍雲。

Image175.jpg        Image176.jpg

神々の祝福に感謝。神聖なこの霊山の波動にこころを合わせます。
霊峰富士のおおいなる光が、このblogに訪れるすべての方々のところにも届きますように。。。

「山のエスプリは  山頂に集まる  神はここにくだり  人はここにのぼる」

                            <山のエスプリ(織田収)より>

このあと、明日早朝のご来光が見られますように、早めに山小屋で休みます。
でも、ここからが大変な事に。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓今日のランキングはこちらです。クリックいただくと、とっても喜びます。^o^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング
いつもありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 富士 このはなさくやひめ 浅間神社 浅間大社 奥宮

13:03  |  2008富士単独登山  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'07.25 (Fri)

いよいよ神域へ。富士山頂を望む(八合目~九合目)

Image140.jpg

だいぶ登って来ました~。今まで味わったことのない空気感。3250m。
もう5時間も歩いたんですね~~。

眼下には雲。さわやかな青空、照り付ける日差し。既に私は「雲の上の人」。笑
八合目の山小屋のすぐ上には、鳥居があり、ここから上は浅間大社の境内。

Image105.jpg        Image155.jpg

神域に入り、こころの垢を落とすように、「天地(あめつち)の数歌」を口ずさみ、
歩を進めます。

「ひとふたみいよ~いつむゆななや~ここのたり~。

ひとふたみいよ~いつむゆななや~ここのたり~。

ひとふたみいよ~いつむゆななや~ここのたり~。

ももち~よろづ~。」

ひと(一)で左足、ふた(二)で右足、みい(三)で左足、よ~(四)で右足。
音にあわせて、一歩一歩進んで行きます。

そして太陽に向かって心を合わせます。アマテラスさま、いざお出まし下され。^^

Image078.jpg        Image100.jpg

ここで見た太陽は、一段とパワーが強かったですね~。
紫外線に要注意!SPF50は必要です。日焼けしちゃいます~。笑

やはり下界とは違うパワーですね~。

Image127.jpg        Image145.jpg

山の勾配もさらに急になり、やっとのことで九合目。だいぶ気温も下がってきました。
100m上がるごとに、0,6度気温が下がります。下界より20度は低くなっています。
ということで、これが万年雪。

ここまで来ると、まさに心臓破りの岩場。
少し進むだけでも、心臓がバクバクいって体力の限界に近いです。もう、下界のようには
動けません。

Image135.jpg        Image114.jpg

下を振り返ると、はるか下界に雲海。上を見ると、太陽に向かって龍雲が現れました。

Image116.jpg

もう少しで念願の富士山単独登頂!やっぱり富士は霊山と言われるように
スピリチュアルな山ですね~。
    
九合五酌から上を見ると、いよいよ頂上の鳥居が。でも、この岩場はきつい。

Image153.jpg        Image163.jpg

この最後の鳥居をくぐると、浅間大社奥宮があるはず。いよいよ富士山頂まで
あと少しです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓今日の日記のランキングはこちらです。クリックいただくと、とっても喜びます。^o^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング
いつもありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

23:39  |  2008富士単独登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT