FC2ブログ

2020'10.21 (Wed)

★1200年前の当時を振り返る東寺


20201011_144741464.jpg


空海が太宰府から今日に上ることを許され
10年間過ごした京都 東寺。

その後、高野山へと向かいます。


PXL_20201011_061606313 (1)


東寺で当時を振り返る(笑)


東寺はこれまで何度も訪れましたが
だんだんと場のエネルギーが
わかるようになってきました。


夏至空海


遠く離れても、
今もそばにいてくれる空海。


常に一緒にいてくれるのを感じます。


まもなくやって来る11月22日。


20190615_190615_0020.jpg


そして龍音シンギングボウルの
「22」個のボウル。


これは空海と私がつながる
そのシンボルのようなものです。


初めのころはそんなことは
思いもしなかったのですが
空海は常に現れてくれるようになりました。


IMG_8814.jpg


時に金粉。

時に白檀の香り。


IMG_8815.jpg


時に光として
ありえない光景を見せてくれています。


121252350_425661975085379_7748985609097895092_n.jpg


東寺の中にある八幡宮。
私は当時このあたりに主にいたのでしょう。


自分がここにいたことが
そこに行くとわかるのです。


121264260_908094719721874_1048861412817428248_n.jpg


この八幡宮は薬子の変の時に
空海が建立したと伝わります。


810年の事です。


天皇と上皇の悲しい争い。
しかしそれは事実だったのです。


IMG_2895.jpg


この薬子の変で嵯峨天皇と空海らにより
都を追われ廃太子(皇太子資格の廃止)となった
高岳(たかおか)親王は後に四国で
空海の弟子となり真如と名乗ることになり
後に空海十大弟子となります。


敵さえも受け入れ仏の道を伝える
空海の「人となり」、優しさが
にじみ出ているエピソードです。


PXL_20201011_060046813.jpg


そして東寺。
空海がいる大師堂(御影堂)。


ここが一番落ち着く場所です。


ツアーではありましたが、
ここ東寺はひとり過ごしていました。


当時、空海の時代、
五重塔はまだありませんでしたが
とても広大な場所でした。


パラレルな時空間の空海と自分と
そして今の自分と空海と。


それが一つになる空間。


IMG_2424.jpg


それが高野山とここ東寺なのです。


たまたまツアーの日は
秋の特別拝観を行なっており
観智院が公開されていました。
https://toji.or.jp/guide/kanchiin/


ここは東寺からいったん門をくぐって
北に出ないといけないのですが
初めて訪れようとしたら、
観智院に向かう道すがら
なんと善女龍王がいたのです。


PXL_20201011_053948526.jpg


特別拝観がなければやってくることは
ありませんでした。


神泉苑だけでなく東寺にも
善女龍王がいるとは思ってもみませんでした。


ということで、台風が急に東にそれ
良いお天気に恵まれた秋のツアーでしたが
行くところ行くところミラクルな展開で
楽しんで頂けたことと思います。


これにて神仏のミラクル盛りだくさんの
多賀大社奉納見学・空海龍神の旅は
終了となります。


120997538_1076438339440315_4850364862545557233_n.jpg


南無大師遍照金剛。


ここまで読まれたらエネルギーを循環させて
次元上昇のパワーを受け取ってくださいね(^-^)
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


【公式LINE】8大特典プレゼント中
友だち追加
または@tengokuitoで LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


オフィシャルサイト、SNS他 、
てんごく。情報関連メディア。
  ↓
https://linktr.ee/tengoku_japan


世界167ヶ国配信中 Apple Music 他
2020.06.19(Fri)Release
TENGOKU
『The Dragon Sound ~Singing Bowls~』

TENGOKU1671.jpg

Label:Holos Music
Product number:HM-0022
http://worldcore.jp/holosmusic/archives/5403




17:49  |  滋賀京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2020'10.21 (Wed)

★空海との別れと蚕ノ社のミラクル


PXL_20201011_034457963.jpg


この絵画、全部刺繍?


PXL_20201011_035207649.jpg


これも?


というわけで、
ししゅうやかたでランチをとって
いよいよ木嶋座天照御魂神社へ。


121369582_351517329419387_51580553807837446_n.jpg


このしまにますあまてるみたまじんじゃ
と読みます。


3回続けて言ってみて(笑)


祭神は次の5柱

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
大国魂神(おおくにたまのかみ)
穂々出見命(ほほでみのみこと)
鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
瓊々杵尊(ににぎのみこと)


しかし、この神社の本当の祭神は
ニギハヤヒ、
天照国照彦火明櫛玉饒速日命です。


たぶん
後世書き換え。


PXL_20201011_043719553.jpg


その昔、平安時代。


この小さな神社は
秦氏と関係があったのです。


そもそも秦氏の力添えによって
鳴くよ(794年)うぐいす平安京、
平安京はできたのです。


PXL_20201011_043342712.jpg


渡来の秦氏は養蚕や治水などの技術や
莫大な富・知識をもっており
平安遷都に際しては秦氏の財力や
技術力が重要だったと言われています。


IMG_1394.jpg


土佐の戦国大名 長宗我部元親 が
秦氏の末裔であるのも
ニギハヤヒの分霊であることから
関係性はたいへん興味深く。


121479258_957722354727538_2425294024142840305_n.jpg


空海もまた渡来系の秦氏とは
深い関係にありました。


秦氏にはスサノオのエネルギーもありました。


嵯峨天皇に寵愛された空海も
秦氏とのコネクションを大切にしています。


一見全く関係ないようですが
先日の鹿児島・霧島入りで、
スサノオが導いたのが
空海であったことがわかりました。


PXL_20201011_042146177.jpg


この神社には秦氏との関係が
あると言われている三柱鳥居があります。


これは全国でも数カ所しかない
珍しい鳥居です。


この鳥居のある場所の森は
元糺の森(もとただすのもり)とも言われ、
現在の、糺の森(ただすのもり)というのは
下鴨神社にある森のこと。


つまり下鴨神社に祭祀が移る前は
ここで行われていたという
重要な神社であり、
重要な森でもあったのです。


空海をはじめとしてここは
陰陽師なども雨乞いをする場所でした。


PXL_20201011_024338472.jpg


つまり神泉苑ともつながるのです。

しかしここに表だった
空海の逸話はありません。


古い社史なんかには
ひょっとしたらあるかも。


空海はこの場所に
ため池を作ろうとしました。


SnapCrab_2020-10-21_3-40-0_No-00.png
(c)google


なぜなら太秦という場所は
湿気が多く水はけが悪い
湿地帯だったからです。


空海の時代は800年代。


空海がこの地に
溜池を作ろうとしたのが
およそ西暦814年頃。


まだ若かった十代の私は
遊び半分に飛び跳ねて
溜池の石で足を滑らせ
思いっきり転んでしまったのです。


そして溜池に使う大きな石に
頭をぶつけて気絶してしまいました。

※実は今世でも魂が生まれ変わった時、
 この時と同じように、富士山で倒れ、
 気絶して、頭から流血しています。


空海は大丈夫かと近寄りましたが
もう私に立ち上がる気力はありませんでした。


息絶えたのです。


PXL_20201011_043206670.jpg


空海は嘆きました。
しかし彼は知っていました。


大いなる宇宙を悟っていた空海は
私が肉体を離れただけで
その魂は永遠の存在であり、
宇宙の源へ帰っただけだと
知っていました。


空海はもう少し大きな溜池を作る予定でしたが
ここは小さな溜池、つまり造りかけで
やめてしまいました。


寂しさのあまり工事を縮小して
終わってしまったのです。


その跡地が今も残るこの元糺の森
そして元糺の池なのです。


今、この元糺の森には
土用の丑の日
年に一度だけ水が入ります。


6年前に訪れたとき、
たまたまその日は水が浸かっており
禊ぎをすることができたのです。


11709638_873970799307193_6489918673810525332_n.jpg


↑ これはここの前 ↓。


PXL_20201011_042148977.jpg


不思議なことにこの神社を訪れた日は
なんとホントはお祭りの日だったのです。


PXL_20201011_041925835.jpg


祭りの当日だとツアーの訪問先としては
ちょっとエネルギーが感じられないのですが
なんとこの日はコロナでお祭り自体が中止。


つまり静かに私達だけで
神社内、三柱鳥居や元糺の池を
ゆっくりみることができ、
私達だけの「お祀り」ができたのです。


最初に訪れたのが確か2010年くらい。
その時は前世の最期の地とは知らずに
京都に来てここだけ訪れた。


2015年に来た時は1年に1度だけ
元糺の池に水が張られていたその日。


そして今回は偶然にもコロナで
中止になった神幸祭の当日でした。


ここでもまさに
神仏のメッセ―ジという以外ない
ミラクルが続いたのです。



ここまで読まれたらエネルギーを循環させて
次元上昇のパワーを受け取ってくださいね(^-^)
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


【公式LINE】8大特典プレゼント中
友だち追加
または@tengokuitoで LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


オフィシャルサイト、SNS他 、
てんごく。情報関連メディア。
  ↓
https://linktr.ee/tengoku_japan


世界167ヶ国配信中 Apple Music 他
2020.06.19(Fri)Release
TENGOKU
『The Dragon Sound ~Singing Bowls~』

TENGOKU1671.jpg

Label:Holos Music
Product number:HM-0022
http://worldcore.jp/holosmusic/archives/5403




00:23  |  滋賀京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2020'10.19 (Mon)

★神泉苑の善女龍王社の扉が開いた


PXL_20201011_012839554.jpg


八坂神社から神泉苑に向かいます。


空海と龍神ツアーのもっとも
龍と空海が密接にかかわる場所。


神泉苑は桓武天皇により造られた
都の中心、内裏のすぐ近くの
天皇のほっとできる庭だったのでしょう。


旅の中ほどで新たなつながりを
知ることになる不思議。


八坂神社から神泉苑へも
たまたまこのルートにしたのですが
神泉苑のHPにはこうあります。
  ↓↓↓
貞観5年(863)には疫病が大いに流行り、
神泉苑にて 六柱の御霊を鎮めるため、
朝廷による御霊会が行われた。

経典の演述や、雅楽の演奏、稚児の舞、
雑技などが修された。

その際は四つの門が解放され、
民衆が出入りし、天皇も御霊会を
御覧になられた。

貞観の大地震や、富士山の噴火など、
全国的な災いが相次ぐ中で、
貞観11年(869)には、全国の国の数、
66本の鉾を立て、 祇園社(八坂神社)から
神泉苑に御輿を送り、厄払いをした。

後世には、これが町衆の祭典として、
鉾に車を付け、飾りを施して 京の都を
練り歩く、祇園祭へとなる。

引用ここまで。

引用元(神泉苑HP)
http://www.shinsenen.org/kaisetu.html



つまり何気なく私たちが組んだ
旅の巡礼ルートは
その昔、祇園祭の発祥となった
ルートだったのです。


これはまたスサノオと空海の
コネクトでもあるといえます。


このおふたり(2柱)は私をがっちり
守護してくれている存在達。


大変興味深い因縁です。


嵯峨天皇はここ神泉苑に
43回足を運んだと記録にあります。


お気に入りの場所でした。


空海が高野山に入定した日は
新暦に直すと私の母の誕生日。


嵯峨天皇の入滅の日は
もしやと思って調べたら
やはり父の誕生日になったのです。


PXL_20201011_023456405.jpg


そんな嵯峨天皇は812年に
ここで神泉苑で
大きな宴を開いたのです。


その時に私もここにいたようです。
当時14歳。東寺から来たようです。

空海とともに。


PXL_20201011_023503519.jpg


空海は東寺で真言宗の基礎を固め
嵯峨天皇の信頼を受け、ある意味
傍から見たら、絶頂の時期。


それから4年後に高野山を開きます。


神泉苑は一見、
神社のような感じですが
(実際、神社がある)
実は、真言宗東寺派の
寺院なのです。


PXL_20201011_023354002.jpg


池の赤い橋を渡ると善女龍王社。


この橋を渡る時に願いを思うと
願いが届くという橋。


PXL_20201011_024338472.jpg


橋を渡ると、
空海が勧請したと伝わる
善女龍王のお社があります。


PXL_20201011_023653685.jpg


私達がこの善女龍王社に来た時に
ちょうどお宮参りのご家族がいました。


私達が赤い橋を渡り終えた頃
お宮参りが終わったらしく
家族は帰って行ったのです。


PXL_20201011_024420479.jpg


善女龍王社の前には柵があり、
柵が開いていました。


私達一行はその柵のところに
ご家族が出てきた後、
中まで入って善女龍王社へお参りしたのです。


PXL_20201011_023831150.jpg


しかし、偶然のタイミングで
奇跡的にそこに入れたのですが
そこはいつもは閉められているところらしく
普段は入れないようでした。


たまたま私たちが来た時には
お宮参りで来られた家族のために
特別に柵も祠の扉も開いていて
偶然入ることが許されたのでした。


そして5分もたたないタイミングで
寺の係がやって来て
その扉は閉められたのですが
私達だけは全員 善女龍王社に近付いて
お参りすることができたのです。


PXL_20201011_024550633.jpg


藤ヶ崎龍神でも神社の人が出てきて
神泉苑でもお寺の人が出てきて。


すべては空海やあちらの世界の
サポートであることを知らされる。


ホントブログには書ききれないほどの
ミラクル満載の旅なのです。


PXL_20201011_023450371.jpg


実際に参加していた人は
みんな見ている事なのですが
それでもその一つひとつの意味を
知るにはホント深すぎる旅でした。


まだまだ続きます。


旅の続きはこちら。
  ↓↓↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2520.html



こちらも1日1回クリックして
愛と祝福のエネルギーを循環してね(^-^)
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


【公式LINE】8大特典プレゼント中
友だち追加
または@tengokuitoで LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


オフィシャルサイト、SNS他 、
てんごく。情報関連メディア。
  ↓
https://linktr.ee/tengoku_japan


世界167ヶ国配信中 Apple Music 他
2020.06.19(Fri)Release
TENGOKU
『The Dragon Sound ~Singing Bowls~』

TENGOKU1671.jpg

Label:Holos Music
Product number:HM-0022
http://worldcore.jp/holosmusic/archives/5403


01:29  |  滋賀京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2020'10.15 (Thu)

★日吉大社の神の使い、八坂神社で現れたのは?

PXL_20201011_000027016 (1)


翌朝の出発。

宿を出る時バスに乗り、
窓の外を見たらそこには
なんと「11-22」のナンバーが。


私の席から(添乗員席ね、笑)
ナンバーが見えたのは
この1台だけだったのです。

この数字は私と空海を、
そしてニギハヤヒをつなぐ数霊。


このツアーがまさにその見えない世界の
力によってサポートされている
流れであることが示されたのです。

まあ、毎度のことですが(笑)


PXL_20201011_001728134 (1)


ツアー2日目は
京都の鬼門封じ 日吉大社から。

名前はよく耳にしますが
今回、初めて訪れました。


PXL_20201011_001945920.jpg


ここでは、猿が神の使いとして
「神猿(まさる)」と呼ばれています。


0201011_002012304.jpg


勝る(MASARU)!
魔去る(MASARU)!

なんだそうです。うっきー!!!


PXL_20201011_002123342.jpg


まずは西本宮に向かいます。


PXL_20201011_002239600.jpg


手水が花に囲まれ。


PXL_20201011_002732022.jpg


楼門にお猿さんがこっそり。


PXL_20201011_002750438.jpg


忍者忍者!
甲賀流!


PXL_20201011_002347771.jpg


西本宮。


PXL_20201011_003758631.jpg


東本宮。


PXL_20201011_003404801.jpg


日吉大社は全国に約3,800社ある
日吉・日枝・山王神社の総本社で
通称、山王権現とも呼ばれます。


PXL_20201011_001627032.jpg


山王鳥居は独特な形をしています。


PXL_20201011_003917555.jpg


さて、参拝を終え、
いよいよバスは山科の山を越えて
京都市内へ向かいます。


PXL_20201011_004622551.jpg


まず向かうは
スサノオノミコトをまつる八坂神社。


PXL_20201011_012839554.jpg


お日柄も良かったようで
結婚式なども行われていましたが
突如、物々しい場内アナウンスが流れ
警官が出動。


20201011_104632310.jpg


バスは知恩院に止めていたのですが
知恩院から八坂神社に入る時
通ったのが円山公園。

八坂神社に隣接しています。


アナウンスは

「円山公園に野生の猿が出没しています。
 充分にお気を付けください」

というものでした。


これまで八坂神社で猿出没のアナウンスを
聞いたことはありませんでしたが
毎度、ミステリアスツアー(笑)では
ゆく先々でこういったことが見せられるのです。


0201011_002012304.jpg


日吉大社で出会った神猿まさる。

この出会いがあったからこそ
猿は神の使いとして現れたのです。


日吉大社に行かなければ
この騒動は
ただの「猿出没」だったことでしょう。

こういうのもひとつひとつ
見えない世界のつながりを理解すると
すべてが見えてくるのです。


PXL_20201011_014108611.jpg


なぜか大年社の前に神輿がありました。

大年は大歳でありニギハヤヒの
若かりしとき(改名前)の名前です。

そこからだんだん年神様とか豊作の神に
なって行っちゃったんです。


ここに神輿があるということは
今の時代、ニギハヤヒがふたたび
かつぎ上げられるという暗示なのです。


そしてバスは八坂神社を後にして神泉苑へ。
ここでもまた不思議なことが起こるのでした。


旅の続きはこちら。その4へ
  ↓↓↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2519.html



こちらも1日1回クリックして
愛と祝福のエネルギーを循環してね(^-^)
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


【公式LINE】8大特典プレゼント中
友だち追加
または@tengokuitoで LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


オフィシャルサイト、SNS他 、
てんごく。情報関連メディア。
  ↓
https://linktr.ee/tengoku_japan


世界167ヶ国配信中 Apple Music 他
2020.06.19(Fri)Release
TENGOKU
『The Dragon Sound ~Singing Bowls~』

TENGOKU1671.jpg

Label:Holos Music
Product number:HM-0022
http://worldcore.jp/holosmusic/archives/5403



13:21  |  滋賀京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2020'10.14 (Wed)

★琵琶湖畔の秘境スポット藤ヶ崎龍神



PXL_20201010_063150396 (1)


多賀大社の後訪れたのは
藤ヶ崎龍神。

琵琶湖畔にある龍神の社。
そして磐座。

バスツアーでは絶対行かない
マニアックな場所。


PXL_20201010_063522517.jpg


台風は去り青空が見えた。

ツアーの行く先は明るい。


私達が現地に着いてすぐ
「藤ヶ崎龍神」のTシャツを着た
スタッフが現れた。


参加者のひとりがこの場所のことを聞くと
優しく教えてくれていた。


PXL_20201010_063154061.jpg


一方、琵琶湖の波は荒く
龍のエネルギーは明らかに
そこにある。


121333620_836134000520662_6644953280302965813_n.jpg


思わず龍神祝詞を唱え
ボウルを鳴らすことに。


PXL_20201010_063223292.jpg

コチラが外宮。



PXL_20201010_064436815.jpg

コチラが内宮。



初日はこれで終了~。

さていよいよ
琵琶湖大橋を渡って雄琴温泉へ。


今年初めての温泉!

と書きたいところでしたが
先週の霧島もずっと温泉だった。
テヘペロ(;^ω^)


なんといっても奉納演奏は
次元の高いところまで行きすぎて
グラウンディングに時間がかかることも。

3次元が遠い(笑)


PXL_20201010_031520684.jpg


ツアーの主催から
添乗員までこなし
奉納準備撤収、本番演奏と
エネルギー体の消耗の
回復に時間がかかる。


PXL_20201010_100432327.jpg


奉納の一大イベントは
終わりましたからね。

まあほっこりくつろがせて
いただきます。

温泉はそんな復活には
最高の場所なのです。


今年初めての温泉ツアー。

さあ飲むよ~(笑)


旅の続きはこちら。その3へ
  ↓↓↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2517.html


こちらも1日1回クリックして
愛と祝福のエネルギーを循環してね(^-^)
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


【公式LINE】8大特典プレゼント中
友だち追加
または@tengokuitoで LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


オフィシャルサイト、SNS他 、
てんごく。情報関連メディア。
  ↓
https://linktr.ee/tengoku_japan


世界167ヶ国配信中 Apple Music 他
2020.06.19(Fri)Release
TENGOKU
『The Dragon Sound ~Singing Bowls~』

TENGOKU1671.jpg

Label:Holos Music
Product number:HM-0022
http://worldcore.jp/holosmusic/archives/5403



13:17  |  滋賀京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT