てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


5.11 「マヤ暦『2012年滅亡』なかった」

今日は、アクセスが増えそうなキーワード。笑

日付が変わってしまいましたが、5.11の不思議。
朝、山手線に乗りました。

するとひとつだけ、席が空いていました。
通勤ラッシュの時間なのに、あら、珍しい。笑

では、失礼して。。。

すると、一人の女性が私の席の目の前に立ちました。

顔をあげると、私は、瞬時にして目が点になりました。

それはなぜかと言うと、その女性の持っていた新聞の
トップニュースに驚いたからです。


mayan.jpg


「マヤ暦『2012年滅亡』なかった」

最古のカレンダー発見、米チーム精査


中米グアテマラにある9世紀初期のマヤ文明遺跡の壁画に、月や惑星の
周期を計算したマヤ最古のカレンダーがあるのを米ボストン大学などの
研究チームが発見した。

欧米などではマヤの暦(こよみ)に基づき、今年、世界が滅びるとする
「2012年人類滅亡説」がまことしやかに流布しているが、
精査したところ、終末を示すような計算結果は見当たらなかったという。

成果は11日付の米科学誌「サイエンス」に発表された。



■優れた天文学の知識

研究チームは2010~11年、グアテマラ北部の遺跡を調査。

寺院の住居部分とみられる小部屋の内壁や天井に、青やオレンジ色の
衣装で着飾った王族の姿や、黒や赤色の点と円、棒線を組み合わせた
数百個の象形文字が描かれていた。


マヤ文明は優れた天文学の知識があったことが知られており、
解読したところ、文字は数字を表しており日食、月食の時期や
月の満ち欠けなどを示していた。

このほか金星や火星について、太陽、地球と一直線に並ぶ現象が起きる
タイミングを計算した結果もあった。

ただ月食や日食についての計算は、不正確なところもあったという。


これまで見つかっていたマヤの暦は、樹皮の紙に書かれた13~14世紀
のものだった。


その中で歴史は繰り返すという概念が描かれ、ある起点日(紀元前3114年
とみられる)から13バクトゥン(187万2000日)経った段階で
「時間の区切り」を迎えると記されていた。


バクトゥンとはマヤ文明の長期暦での年月の単位で、約394年に相当する。
13はマヤ文明で最も神聖な数字とされている。



■7000年は先がある

21世紀に入ると、1999年に騒がれた「ノストラダムスの大予言」
がはずれたことの埋め合わせのように、マヤ文明でいうところの
「時間の区切り」とは人類の滅亡を想定しているとする説が

オカルト雑誌や予言関連書で喧伝され、起点から13バクトゥン経った
2012年12月21日から12月23日頃に人類は滅亡するとした
終末論が広まっていった。


09年には、この問題をテーマにしたハリウッド映画「2012」も
公開されている。


今回、マヤ最古のカレンダーを精査した研究チームは「終末論を裏付ける
ような計算結果の記述はなかった。逆に、世界には7000年は先が
あると考えていたようだ」としている。


「生け贄が盛んに行われた神秘的な宗教儀式を、天体の動きと合わせるために
カレンダーを使っていたのだろう」とチームでは分析。研究のさらなる
進展が期待されている。


■マヤ文明 

4~15世紀に中米のユカタン半島(メキシコ南東部)からグアテマラ、
ベリーズ、ホンジュラスにかけて栄えた高度な都市文明。巨大な
ピラミッドや神殿を特色とし、石器を用い(金属器は持たず)、

4万種もの象形文字を作り出した。二十進法を用いて数学を発達させ、
火星や金星の軌道を計算するなど、極めて正確な暦も持っていた。

16世紀にスペイン人によって滅亡。


以上、SANKEI EXPRESS より ********


このマヤ文明の説明も、極めて西側の意図的な解釈に基づいていると
思います。マヤ文明に、いけにえの文化など、あったのでしょうか。


なぜ、このタイミングで、私の前にこの新聞が、まるで私にこの記事を
読ませるかのように目の前に現れたのか。


本当に、この世界には、目に見えない力があり、この世界の現象を
さりげなく動かしているのだな~、ということを感じずにはいられません。

ユダヤと日本がつながり、マヤと日本がつながる。


そして、奥深い魂の絆から、その使命が浮き彫りになってきます。
近い将来、今日の必然を明らかにする日が来るかもしれません。


この後すぐ、駅の売店に走り、この新聞を買ったのは言うまでもありません。


古代マヤ暦「13の音」占い



さて、今日は、ひふみ先生の学びの会「横浜和の会」に参加してきます。
横浜 橘樹神社 14:00より。



4月30日から、2012年最大のスピリチュアル期間に突入しています。
詳細はこちらに↓↓↓

★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」

■誰も見ていない2012年の最大スピリチュアルポイントはどこか
■1414始まる新しい道

■5月、6月、7月の朔弦望(月の満ち引き)
■5月の太陽系恒星・惑星直列

■前回の太陽、水星、天王星の直列の気付き
■ウエサク満月と同時に起こる太陽系クロス

■金環日食と同時に起こる太陽系クロス

■金環日食の前後1週間スピリチュアルな事情
■「ごーにーにーゆーらゆら」は本当か

■太陽極磁場のありえない変化
■(神=火+水)神力は、火と水とどちらが強いのか
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド 



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ始めました。配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの
更新情報や、その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★マヤ文明 | コメント:0 | トラックバック:1 |

銀河の中心からのフナブ・クー

ginga.jpg

2012年12月21日の銀河系の配列、文末にて、限定公開しました。

想像を絶するほどの大きさ、時間や空間の限界を超えて存在する銀河系。
上から見るとこんな感じの渦巻き状態になっています。

銀河系の直径は約80,000~100,000光年と言われており、太陽から銀河中心までの
距離は約26,000~35,000光年と見られています。

最近の研究では27,000光年という説が有力のようです。

1光年は、地球上でもっとも早いスピードを持つ光の速さで1年かかる時間の単位
ですから、この距離がいかに想像を絶する距離かがわかると思います。

この宇宙にはたくさんの銀河が存在します。私たちの住む地球があるのが太陽系
この太陽系は、通称 天の川銀河と呼ばれる銀河系の端の方にあります。

横から見てみると、銀河系はこんな感じになっています。

gingakei2.jpg

都心ではちょっと厳しいですけれど、空気の澄んだ郊外や田舎に行って
晴れた日に夜空を見上げると、天の川が見えますね。

あの天の川が、実はこの銀河系を横から見ている姿なんです。

つまりおおざっぱにいってしまえば、私たちは銀河系の端から、銀河系の
中心方向を、夜空を見上げて見ているということになります。

東洋では、この星と光の帯を川と見て、「天の川」と言い、西洋ではこの帯を
乳と見て「Milky Way」と言うようになりました。

この銀河の中心からは、マヤ族などがフナブ・クーと呼ぶ波動エネルギーが
放射状に銀河の端まで送られていると言われています。

gingacentral.jpg

それは、7分間に1回の頻度で送られる光のパルスのようなもので、放射状に
放射されていることがNASAなどによって発表されているようです。

マヤ文明の人々は、フナブ・クーは宇宙樹の中心であり、この宇宙はそこから
放射されるエネルギーによって回転していると考えていました。 

2012年、太陽と地球が銀河中心から直列するとすると、フナブ・クーからの
放射が太陽によって地球に到達するのを遮断されることになるので、それを
きっかけにして大きな変化が起こると予測しています。

ただ、この特別な時を誇張して、地球滅亡や人類滅亡などの終末論などに言及
するのは、いささかオーバーな感じがします。

かつて、地球上の北極、南極の地軸も何度となく変わっており(ポールシフト)、
それは約数十万年に一度、不定期に起こっています。

このあたりの変化が起こる可能性は、まったくないとは言い切れないですね。

悲観したり憂いたりするよりも、今、私たちが自らの精神性を高め、また、地球の
ために何ができるかを考えて行動することが大切なのではないでしょうか。



2012年12月21日の銀河系惑星配列シミュレーション、UPしました。

■2012年12月21日の銀河系配列はこうなる
■銀河系と太陽系の角度はこんな感じ
■地球と太陽に接近
■地球の裏側から見た銀河中心
■マヤの予言通り、やはり直列は起こる?
■2011年1月より、大地震を気にしていた理由
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

★マヤ文明 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2012年についての予言

mayaspiritual.jpg

222~223、今日はとても月がスピリチュアルです。良い意味でも、他の意味でも。。。

てんごく。さんのエターナルワールド 更新しました。

今回は来たる2012年と、クローズアップされているマヤ文明やアステカ文明の
予言についてまとめてみました。

2012年12月21日で、何が変わるのか?

基本的に、予言などはあまり書かないのですが、このあたりの情報を求めている
人も多いと聞き、また一度はクリアしておかないといけない問題でもあるので
現時点での自分なりの考え方もまとめてみました。

今後あまり書くこともないでしょうね~。

■2012年12月21日って何?

■マヤの長老の予言

■アステカシャーマンの予言

■初公開!てんごく。が視る2012年とは?

 ・銀河の中心のエネルギー
 ・2012年の気になる天体現象
 ・アセンションプロセス
 ・精神性、霊性
 ・終末思想はあるか?


このような壮大な出来事を簡単に書くのは難しいのです。
また断片的に捉えれば、勘違いされる可能性も大きいかもしれません。

限定公開で、今の想いをまとめてみました。

本邦初公開ですね。
こちらをご覧ください。
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
★マヤ文明 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プレアデスとマヤ文明



急なオファーで、俳優の竹野内豊さんと、仕事をして来ました。
映画に、TVドラマに、CMにと、幅広く活躍されていますね。

テレビで見るイメージのまま、スタイル良く、真面目でカッコよかったです。

息がかかる距離でしたので、さすがに緊張して、少ししか話せませんでしたけど。


さて、ここのところ日本のお話が多かったのですが、今日はメキシコに飛んでみます。

マヤ文明の起こったメキシコ ユカタン半島、グアテマラ。
アステカ文明、南米のインカ文明。

いずれも素晴らしい能力と探求心を持っていたと思わせるのは、天文学。

彼らは千年二千年前から金星の運行の法則や、日食、月食の起こる時期の
予測をし、独自の暦も作成していました。

パソコンも、ゲームも、携帯電話も、ヨーカドーも、ビックカメラも、Amazonも、
楽天もない時代。笑

現代の私たちのように、文明(はたしてこれが先進かどうかは疑問ですが)
が発達していない時代の人々は、いつも神を見るように、空を見ていました。

宇宙の本質を感じ取り、その流れに乗って生きていたのだと思います。

彼らのスピリチュアルな天文学の基本になるのは、太陽と月。もうひとつは金星。
そしてプレアデス星団

古代の文明においては、星々は神々のエネルギーとして崇められ、その動きを
把握することで、自分たちの生活に繁栄や不吉な出来事が起こることを予測して
いました。

pleiadeslight.gif

プレアデスが天頂にもっとも高く上がる時、マヤ文明では神々にいけにえを
捧げていたと言われています。

マヤの人々は、遠い時空を隔てたところに、自分たちの故郷があることを知って
いたのでしょう。そして、不幸な出来事が起こらないように、祈りを捧げました。

現代の私たちも、都会の喧騒を離れて、夜、宇宙を見上げると、数え切れない
ほどのインスピレーションが降りて来ます。

それは音であったり、光であったり、イメージであったり、メッセージであったり。
かつて、古代文明の人々が、どのような想いで、空を見上げ、神を想い、いけにえ
を捧げ、祈ったかがわかるような気がします。

マヤの人たちのほとんどは、ある時代に急に消えてしまいました。

彼らは多次元的な宇宙観、生命感を持っていました。急に消えてしまった古代文明の
人たちはいったいどんな次元のどんな世界に、今、生き続けているのでしょうか。

次元移動?地球外移住?ミステリアスですね。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。



■「ひふみ」諸説と「ひふみ」の奥義
■死者が生き返る?「ひふみ」
■出口王仁三郎氏の「ひふみ」
■岩戸開きとヘブライの「ひふみ」

上位版blog★ 更新しました。
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:メキシコ - ジャンル:海外情報

★マヤ文明 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |