てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


「龍音シンギングボウル」音源&動画、220ページ電子書籍プレミアム版
光の画像など限定特典 先着300名様にプレゼント♪
   ↓
【無料メルマガ】真善美☆アセンションワールド


元春日、枚岡神社を訪ねて

IMG_1837.jpg

河内国一之宮 枚岡神社。
ご縁に繋がれた魂の旅、最終章。

春日大社を訪ねたら、やはりこの地は訪れたくなるところです。

午前中、奈良の春日大社で旬祭に参加、その後神恩感謝の御祈祷、祖先祭
を春日大社で終えた後に枚岡神社に移動、再び神恩感謝の正式参拝を行います。

緑豊かな枚岡の杜の中心はなんといっても神津嶽(かみつだけ)。
もともとはその地に、天児屋根命・比売御神を祀って国の平定が祈られた
場所であり、大阪湾はもとより、淡路島まで見通せる場所です。

ちょっと復習をしてみると

天児屋根命(あめのこやねのみこと)とは*****

春日権現(かすがごんげん)とも呼ばれ、日本神話の中で天照大神の岩戸隠れの際、
岩戸の前で祝詞を唱え、天照大神が岩戸を少し開いたときに鏡を差し出した神。

藤原氏(中臣氏)の祖先とされています。

IMG_1872.jpg

大きな鳥居をくぐって参道を上がると、ちょっと変わった鳥居と注連縄があります。

IMG_1868.jpg

人型のような、また髪飾りのような、独特な形の注連縄です。

なぜか私はこの注連縄を見ると、2000年前の古代日本を思わざるを得ません。

IMG_1859.jpg

こちらは、柏槙(びゃくしん)と呼ばれるご神木です。

枚岡神社のHPによると(以下抜粋)

社伝によりますと、白雉元年(650)に、神津嶽から現社地に
神様をお遷しされました時、神津嶽には神武天皇お手植えの柏槙の大木があり、
あまりにも大木すぎて移せない為、枝を切って挿し木したものと
伝えられています。

昭和13年大阪府の天然記念物に指定されていましたが、昭和の第二室戸大風で
損傷著しく、やむなく昭和40年代地上3メートルを残し伐採され、
切株を保存するため覆い屋根が施されました。胸高幹周囲6.5m、高さ25m
ありました。

とあります。(抜粋ここまで)

IMG_1866.jpg

こちらが拝殿です。

拝殿での正式参拝の後、作法や拝殿のお宝の秘密など、いろいろなお話をお聞きし、
大変勉強になりました。

IMG_1855.jpg
(拝殿より中門を臨む)

その後、拝殿より中庭を通って、本殿前の中門まで行かせて頂きました。
普段は、なかなか入ることのできない場所だと、後で聞きました。


大変ありがたい枚岡神社初参拝になりました。


神が降り立った森で~春日大社・祈りの記録~




★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」
 
再び、3.11大震災と同じ条件がそろうので注意!!

2011年1月、上位版ブログをお読みだった方は、大震災が起こる2ヶ月前から
「地震に注意」と私が言っていたのをご存知のことと思います。

そして、再び、あの時と同じ状況がまもなく訪れようとしています。

おまけに黒点数が上がってきています。

 年 月 日  黒点数 
2012年06月25日  14
2012年06月26日  28
2012年06月27日  79
2012年06月28日  73
2012年06月29日  97
2012年06月30日  90
2012年07月01日 137
2012年07月02日 165
2012年07月03日 136
2012年07月04日 129

■注意 3.11東日本大震災と同じ条件が訪れる
■なぜ、地震に注意といったのかの仮説

■再び重なる水星の最大離角と金星の最大離角

■7月、8月、9月の朔弦望
■7月の太陽系惑星直列
  ↓↓↓
 てんごく。さんのエターナルワールドはここから 


★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度ご確認お願いします。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

★春日大社・枚岡神社 | コメント:0 | トラックバック:0 |

春日大社の感謝魂と元気魂

IMG_1805.jpg

世界遺産にも登録されている奈良、春日権現、春日大社。

春日大社には四柱の神 <武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬし
のみこと) 、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)> が
祀られています。

それぞれ第1殿、第2殿、第3殿、第4殿に祀られており、春日造りと呼ばれます。

この日の春日大社参拝の目的のひとつは、旬祭に参加することでした。

神職以外が参加できるのは、毎月21日のみとなります。

禰宜(ねぎ)さんにご案内され、回廊を上ります。

IMG_1817.jpg

普通は、耐震構造に造り替えたりするのですが、この春日大社の回廊は
耐震構造にはされず、壊れたらまた建て直し、修復するというお考えのようです。

それはそれで、古来の伝統が受け継がれているという良さもあります。

IMG_1811.jpg

門の向こうに、ご神体山 御蓋山(みかさやま)を望み、普段は通される
ことのない、中門に靴を脱いで上がります。

写真撮影どころか、カメラを持ち込むことさえできない場所。

なので、写真はありません。^^;

そこでは、春日明神が降りられた、もっとも聖なる場所をはさんで、
宮司さんたちと対面して座ります。


そして、神撰、御幣奉納、宮司さんと一緒に、大祓詞(おおはらえのことば)
別名:中臣祓(なかとみのはらい)を奏上します。

お供えは、4つの本殿にそれぞれ行いますので、かなりの時間がかかります。

なにせずっと正座をしているので、特に足を骨折してからは、かなり負担が
かかるので、大変です。^^;

しびれますうー。

IMG_1823.jpg

旬祭を終えて、中門から祈祷殿のほうに向かうと、途中、境内の中に
岩本神社があります。

この屋根を突き抜けているご神木。

昔は細かったそうですが、現在では樹齢800年とのこと。

屋根の穴も、幹の太さにつれて、だんだん大きくなったようです。笑

IMG_1827.jpg

藤原氏の始祖でもある 天児屋根命(あめのこやねのみこと)さまに
神恩感謝の感謝魂(かんしゃだま)を投げると、祝詞によって世を清めよと、
元気魂(げんきだま)を頂きました。

どんなに世の中の変革を望んでも、言葉を変えなかったら、世の中の
変化もなければ、次元上昇もありません。

それは、この時代に生きる私たち全員へのメッセージでもあると同時に、
それこそ一人ひとりに与えられた、使命なのです。


清き言葉を使い、清き言霊を残しましょう。

難しい祝詞を覚える前に、普段の言葉使いと正す、ということですね。



★上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」
 ↓↓↓
 てんごく。さんのエターナルワールドはここから 


再び、3.11大震災と同じ条件がそろうので注意!!

2011年1月、上位版ブログをお読みだった方は、大震災が起こる2ヶ月前から
「地震に注意」と私が言っていたのをご存知のことと思います。

そして、再び、あの時と同じ状況がまもなく訪れようとしています。


■注意 3.11東日本大震災と同じ条件が訪れる
■なぜ、地震に注意といったのかの仮説

■再び重なる水星の最大離角と金星の最大離角

■7月、8月、9月の朔弦望
■7月の太陽系惑星直列



★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレスを間違えている
可能性がありますので、今一度ご確認お願いします。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

★春日大社・枚岡神社 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |