てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。

新・龍神の岩戸アクセスヒーリング
88名様限定 募集開始!
お手軽分割対応いたしました。



★太古の龍とつながり意識を開く鎌倉・江の島

IMG_9649.jpg

5日、「太古の龍と新しい意識とつながるツアー」

テリーサイモンさんと行く鎌倉&江の島ツアーに行ってきました。

11月2日の伊勢神宮以来のテリーさんとの再会です。

IMG_9659.jpg

さすがにもうお互い顔なじみの関係で

「HI! TERRIE(テリーさん)」

「OH~、TENGOKU~~!(お~、てんごく~)」

「NICE TO SEE YOU(会えてうれしいです~)」


といった簡単な挨拶を交わしてハグ。

いつもの挨拶です。


今回は鎌倉から江の島ということで、

空海の足跡もある場所。


「太古の龍と新しい意識とつながるツアー」

IMG_9688.jpg

これはもう行くしかない。

というより、今まで参加しているところと比べると

こんなに近い場所はない、

というくらいのホームグラウンドなのです。


午前中は円覚寺から建長寺。

そして奥の院 半僧坊。

IMG_9700.jpg

なんとここからは富士山がベストビュー。

そして午後は江ノ電で、一路 江の島へ。

FullSizeRender (1)

辺津宮、そして中津宮、奥津宮へと順に向かいます。

途中、辺津宮の隣の奉安殿で、弁財天の背中に彫られているという

空海の手形を見つける。 テリーさんに知らせる。

ここでは龍のエネルギーを取り込むワーク。

IMG_9759.jpg

中津宮を超えて奥津宮に、と思ったところ、

テリーさんが突然、江島大師の前を通ったところで

「Here Kukai?」  (ここは空海と関係のある場所?)と表情が変わり

予定にはなかったけれど、急きょ、江島大師に寄ることに。

私としては願ってもない展開。

IMG_9785.jpg

そしていよいよ奥津宮。

この真下の龍穴の奥に本来の奥宮があるのですが、

夏場は海水が入るため、この上の奥津宮にご神体が移されるそう。

IMG_9783.jpg

名物、八方にらみの亀。

随所でアシュタールによって降ろされる龍の存在。

太古の龍とつながり、そして新しい意識とつながる。

変容の時。

IMG_9788_201512070242390c0.jpg

最後は龍宮(わだつみのみや)での龍神祝詞。

眠った龍を目覚めさせ、体内に受け入れる。

IMG_9794_201512070242404ac.jpg

私の中に入った龍は(もともと演奏の時には入ってくるのですが)

ハートチャクラから喉へと上がる。


そしてこの龍は、私の声となり、言霊となり

龍音シンギングボウルとのハーモニーを奏でるのだそうだ。


この12月から、龍音もひときわパワーアップし、

世界に音を広げていくことになりそうです。


北海道、九州、四国と廻って、龍のつなぎはいよいよ本丸本州へ。

まずは江の島だな~。

数々のドラゴンと出会えた、江の島ツアーでした。



12345398_560400977446606_574916828441290099_n.jpg

編集後記

5時には日が暮れて辺りは真っ暗。

最後は解散後、ひとり島に残って

好物の焼きはまぐりを食べました。


でも、2個で1600円は高いな~。

4個食べたいのに。笑



江の島が好きな方、行ってみたい方は

こちらの3つのランキングバナーをクリックお願いします。
にほブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング

いつもクリックありがとうございます。




●220ページ電子書籍無料プレゼント。
    ↓
真善美☆アセンションワールド



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>
関連記事

江ノ島・鎌倉 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<★龍目覚めし翌日、龍と天使が現れた | HOME | ★「祝福の朝」 祝福は自らの内にある>>

この記事のコメント

。。。えっ?
鎌倉って空海さん関わり深いのですか?

以前からすごく氣になる場処だったんですが

おまけに 最近 リーディングでも
ゆかりのある土地であることが判明


まだ ちょっとかすめたくらいなので
腰据えて行きたいです

鎌倉大仏も拝んでいない(汗)

龍神さまにもご挨拶したいです。。。
2015-12-11 Fri 15:08 | URL | ゆずりは #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |